質問

【お知らせ】主要SNSの移行について【私の性癖が原因】

このブログは、2019年10月15日から2020年10月15日の1年間で30kgの減量をした経緯やその後の様子などを記録しています。

【1年間で-30kg達成】1年間のビフォーアフター写真と体重・体脂肪率推移1年間で30kgのダイエットに成功したヤナマリ(柳本マリエ)が、顔・体のビフォーアフター写真や体重・体脂肪率推移、食事・運動などすべて紹介します。...

2021年2月26日にKADOKAWAより著書『デブからの脱却』が発売されました(単行本版・電子版あり)

2年以上も放置していたインスタを少し前にダイエット(美容)アカウントとしてリニューアルいたしました。

もともと絵日記(漫画)を投稿していたアカウントです。今後は写真投稿になってしまうため、絵日記を目的に見てくださっていた方はすみません。フォロー解除もどうかどうかお気軽にしちゃってください。

【お知らせ】今後はダイエット関連について発信する主要SNSをTwitterからInstagram(@marieyanamoto)に移行いたします。

というのも、私の性癖が邪魔をしてTwitterでの投稿を窮屈にさせてしまいました。

私が普段、SNSの投稿においてどのようなことを考えているのか、この機会に少しお伝えしようと思います。だいぶマニアックな内容ですがご興味あればお付き合いください。

私の性癖 ~自分の中の美学~

アスペクト比問題

Twitterを投稿するにあたって、私がもっとも重要視しているのがタイムラインに流れるときの画像(写真)のアスペクト比。

ひとつの投稿につき画像は4枚まで載せることができますが、それぞれアスペクト比が異なります。なぜかというと、枚数によってレイアウトが変わるため。1枚のときと2枚のときと3枚のときと4枚のときではタイムラインに流れる投稿の印象が大きく変わります。

もちろんどの枚数が正解というのはありません。ただ、自分が投稿したい内容をわかりやすく伝えるためにはどのアスペクト比とレイアウトがベストかということは考えます。

また、発信者としてより多くの人に見てもらいたい気持ちが根底にあるのも事実。そうなるとタイムラインに流れるときのインパクトも無視できません。私の投稿内容においてこれらの条件をクリアしやすいのは、1枚目の画像が縦長に大きく表示される3枚レイアウトか視覚情報量が多い4枚レイアウトです。

ところが4枚レイアウトの場合、あまりに細かい文字を入れてしまうと小さくて読みにくい。それでは私の中の基準を満たしません。しかしながら3枚レイアウトにすると視覚から得る情報量は減ってしまいます。

この、アスペクト比やレイアウトを考慮しながら写真を3~4枚に写真を絞る作業がなかなか難しい。投稿の文章で内容を補足できればいいのですが、Twitterは140文字という制限があります。※スレッドは読まれない

一方、Instagramはどうでしょう。ひとつの投稿につき写真は10枚も載せることができます。しかも文章は驚きの2,200文字。これはもう圧勝ではないか。

加えてインスタは、縦長でも横長でもスクエアでも投稿枚数に関係なく自分である程度までサイズを決めることができます。1枚ずつのスワイプ表示となりますが、そもそもタイムラインのレイアウトがスマホの画面いっぱいに画像ドーーーーーンという感じなので、Twitterの4枚分(MAX枚数分)の画像を1枚に詰め込んでもそこまで小さくなりません。

アスペクト比に縛られず画像を大きく表示できるインスタは、日に日にTwitterでの投稿が窮屈になる私にとって救世主のような存在でした。もうアスペクト比のことを考えないでいいなんて、そこってもしかしてエデン?

さらに驚くべきことに、InstagramにはTwitterで絶対にできなかったことができてしまいます。そう、投稿後の文字修正だ。

語尾・改行・文字数問題

インスタは投稿後に文字の修正ができます。これは、私にとってかなり都合がよい。なぜなら私は自分が設けた下記のルールに基づいて文章を書いているため。投稿後に微調整ができるのはとてもありがたいです。

  • 同じ語尾を連続して使わない
  • どこで改行されるか把握する
  • 横の文字数を合わせる

これらのルールは正解ではありません。単純に私の好みの問題、要するに性癖です。

文章を書く上でもっとも意識しているのは、「~ます。~ます。」「~です。~です。」「~ました。~ました。」など、同じ語尾を連続して使わないこと。例えば下記。

今日は暑いからエアコンをつけます。私は暑がりなので汗が滝のように出ます。だから家に引きこもります。

繰り返しますが上記が不正解の文章というわけではなく、リズムが取りにくくて私が避けているだけ。ちなみにここまで読んでいただいた文章は同じ語尾を連続して使わないように意識して書いているので、よかったら読み返してみてください。

とはいえ意識していてもうっかり同じ語尾になっちゃうのが人間ってもんよ。そのため、投稿後に修正できるとスッキリします。

そしてもうひとつ意識しているのは、どこで改行されるか把握すること。なぜなら横の文字数をなるべく合わせたいからです。なに言ってんだこいつ、って思いますよね。これはもう私の美学というか、性癖だな~!!!

↑上3つの投稿が理想形。横の文字数が合っています。下の投稿については「Amazon」という1単語が入りきらずに直前の句読点以降がごっそり改行されてしまい、そのせいで最後の文字の「す」とクラッカーの絵文字がはみ出してしまいました。痛恨のミス!!!

直前の句読点さえなければコンパクトにまとまったのに。そんな後悔に襲われます。

でもTwitterはこれを修正することができません。投稿を消してしまったらいいねを押してくれた人に申し訳がない。

ちなみにこれは、私のスマホ(iPhone)から見た画面なのでAndroidやパソコンの画面と異なることは承知の上。

あくまで、パソコンを使わない私が自分のスマホで見たときの体裁が基準です。自分で自分の投稿を見たときに納得できるか。自分の美学に基づいているか。これらは日々の投稿のモチベーションにつながります。

これが適当な内容の投稿だったら別にそこまで気にしません。正直なところ、Twitterでダイエットのことを投稿したばかりのころはこんなに気にしていませんでした。でもいまは違います。しっかりと伝えたい内容だからこそ、ベストを尽くしたい。

そのため、投稿後に文字の修正ができるInstagramは私にとって都合がよいのです。

フィード埋もれてしまう問題

今後の投稿内容としては《普段の生活》の部分を発信していきたいと思っています。

例えば、どんなものを食べてどんな運動をしているのか、みたいな。寝る時間とか起きる時間とか半身浴してる時間とか、そういう普段の生活も参考にしていただけたらと。

ところがそれをTwitterで連投してしまうと大事な投稿まで埋もれてしまいます。24時間で投稿が消えるフリートもそこそこ使っていますが、間もなくサービス終了とのこと。

しかしながらインスタには、同じく24時間で投稿が消えるストーリーズがあります。

フリートとの大きな違いは24時間後に消えたあとも自分の管理ページにアーカイブが残るということ。そして過去に投稿したストーリーズを、まとめてプロフィールページに固定して再び公開できるという神仕様。※インスタではこれをハイライトと呼ぶ

具体的に説明しましょう。インスタのストーリーズでこのような投稿をしたとします。

  1. 起きました(9時)
  2. いまこれ食べてます(11時)
  3. うっかり寝てました(16時)
  4. これから筋トレします(19時)
  5. うちの猫なんか長い(20時)
  6. 夜ごはんはこれです(21時)
  7. 30分半身浴しました(23時)
  8. 寝る前にこれ飲みます(2時)

24時間後には消えてしまう投稿ですが、私の管理ページには24時間後以降もアーカイブとしてすべての過去投稿が残っています。

その中から必要なものを選び、まとめたものを自分のプロフィールページに固定できちゃうのがインスタの大きな利点。これって見逃してしまった人にも親切ですよね。

しかも何個も固定できるので、例えば私だったら「ある日の1日」とか「おすすめ筋トレメニュー」とか「おすすめプロテイン」とか、そういうハイライトを作成してプロフィールページに固定しておけばわかりやすい。

インスタは、このストーリーズと通常の投稿(フィード)それぞれかゆいところに手が届くような仕様になっていました。それが主要SNSを移行しようと思った大きな理由です。ほかにも細々した理由があるけども。

今後のTwitterについて

今後のTwitterについては幅広い感じでぼそぼそ自由につぶやいていこうと思ってます。映画とかゲームとか猫とか、好きなことを。

その分、Instagramはダイエット(美容)に特化して詳しく発信していきたいです。今後は要望があったQ&Aなども実施するので、そのときはTwitterでもお知らせしようかな。

これまで発信してきた中で「これも書いておけばよかった」というようなことが多々あったため、そういった情報も入れた【改良ver.】として投稿していきたいです。

ということで、柳本マリエのInstagram(@marieyanamoto)もどうぞどうぞごひいきに。時系列で投稿していくのでしばらくは過去写真のまとめになりますが、近いうちにストーリーズもフィードもリアルタイム投稿にしていく予定です。なにとぞ~!

 

\楽天ROOMでプロテインなど愛用品を公開中/

ABOUT ME
柳本マリエ(ヤナマリ)
1985年生まれ。柳本マリエを略してヤナマリと呼ばれています。1年間で30kgの減量をしました。詳しい経歴はこちらにて。メインブログ「ヤナマリチャンネル」では主にR指定のエロい映画を真剣に解説しています。