食事

運動前に飲むホットコーヒーの絶大な効果【停滞期消滅】

このブログは、2019年10月15日から2020年4月15日の6ヶ月間で21kgの減量をした経緯などを記録しています。※現在は1年間で-30kg達成

【6ヶ月間で21kg減】72.6kg → 51.6kgビフォーアフター写真 このブログは、2019年10月15日から2020年4月15日の6ヶ月間で21kgの減量をした経緯などを記録しています。※現在は1年間...

ダイエットに成功した理由は下記。

  1. 損得で行動すること(動機)
  2. 執着心を捨てること(食事)
  3. 全力投球しないこと(運動)

まずはじめにビフォーアフター記事と上記1~3それぞれの記事を順番に読んでいただけますと幸いです。

親愛なるダイエッターの皆さま、運動前にコーヒーは飲んでいますか?

もし飲んでいないのであれば今日から飲むことをおすすめします。なぜなら私は運動前にホットコーヒーを飲むようになってから運動効果が爆増し、停滞期が消滅しました

コーヒーを飲むとカフェインやクロロなんちゃらという成分によって、集中力の向上および脂肪の燃焼が促されるなどダイエット効果が期待できるとのこと(ヤナマリ調べ)。

ヤナマリ

運動前に飲んだその日から効果を感じました(マジで)

この記事では、私の体重推移グラフを用いてコーヒーの効果について検証いたします。

運動前に飲むホットコーヒーの絶大な効果

運動効果の爆増と停滞期の消滅

ダイエットをしているとだれしも経験するであろう憎き停滞期。あまりに長いと心が折れてしまうこともあるでしょう。

私も、6ヶ月間のダイエット期間のうち1~4ヶ月目くらいまでは停滞気味でした。しかしながら、運動前にホットコーヒーを飲むようになってから下記の変化が表れます。

ホットコーヒーを飲み始めてからの右肩下がりっぷりがエグい!なんというか、リズムが変わった感じです。「停滞・停滞・落ちる」から「微落ち・微落ち・微落ち」みたいな。

体重で一喜一憂していたわけではないのですが、毎日これだけ右肩下がりに減量できていると達成感を得ることができます。

ヤナマリ

手ごたえって大事

コーヒーのダイエット効果

先述した通り、運動前にコーヒーを飲むことで下記の効果が期待できます。

  • 集中力の向上
  • 脂肪燃焼

しかしながらこれらは目に見えてわかるものではありません。私が実感したのは、

発汗!

運動を開始してほんの1~2分で「あっ、これ(いつもと)違うな」と感じました。

ヤナマリ

通常の3倍くらいの汗(体感)

2月というめちゃめちゃ寒い時期だったにも関わらず、運動後はドライヤーで髪を乾かさないといけないレベルで発汗しました。

そして翌日以降、体重が落ちていきます。

運動前にホットコーヒーを飲んだだけでこんなに効果が出るなんて、正直驚きました。

ヤナマリ

もはや「飲まない」という選択肢はないでしょう!?

もちろん事情があって飲めない人もいるかと思いますが、差し支えない人はぜひ今日から飲むことをおすすめします。

コーヒーを飲むときの注意点

タイミングについて

では「運動前に飲む」とは具体的にどれくらい前を指すのでしょうか。

これについては諸説あるというか、人によって違うようで「30分前」「45分前」「1時間前」などさまざま。私はいろいろ試した結果、ホットコーヒーを飲み終えてから30分後くらいに運動をしていました。

とはいえ、うっかり1時間くらい過ぎてしまうことも多々あります(それでも効果は感じる)。タイミングは目安程度でOK!

大事なのは、タイミングに囚われすぎることではなく「運動を継続すること」です。

種類について

運動前に飲むコーヒーについては、ホットコーヒー(ブラック)がベスト。

私は粉末のインスタントコーヒー10gを、250mlほどのお湯と50mlほどの豆乳で飲んでいます。ちなみにコーヒーはブレンディ派。

ヤナマリ

ブラックじゃないじゃん!

理由は、ちょっとミルク感があったほうがおいしく感じるため。加えて、あたたかい飲食物が得意ではないので少しでも飲みやすくするために豆乳を入れています。

ぬるめのホットコーヒー(豆乳入り)でも効果は感じられたので、ご安心を!

摂取量について

しかしながらカフェインは過剰摂取すると逆効果になるためお気をつけください。

成人の場合、1日の摂取量が300~400mgほどであれば安全に飲めるとのこと。

私は1杯300mlのホットコーヒーを1日2回飲んでいます。つまり、1日に2回ほど運動効果を爆増させるチャンスがあるということ。

チャンスは1日2回のみ

じつはこの「1日2回しかないチャンス」が運動を継続させる手助けとなってくれました。運動を継続させることができた理由はこちらの記事↓に書いておりますが、とにかく面倒くさい。否、くっそ面倒くせえええ!!!

この記事を読んでいただけますと、どれほど運動が面倒だったかご理解いただけるかと思います。それほど面倒な運動ゆえに「どうせやるのあれば最大限の効果を出したい」と思うのは必然。だってくっそ面倒くせぇから。

つまり、ホットコーヒーを飲むことで「いまこの運動効果爆増チャンスを逃したらもったいない」と思うようになったのです。

だって、ただ運動前に飲むだけでこんなにも効果を実感してしまったのだから。

これは私の「損得で行動する」行為に当てはまるため、ホットコーヒーを飲むことが結果的に運動を継続する原動力となりました。

ヤナマリ

このチャンスを逃すわけにはいかない!絶対にだ!!!

まとめ

私は運動前にホットコーヒーを飲むことで運動効果が爆増し、停滞期が消滅しました。

これは「ホットコーヒーを飲むと痩せる」のではありません。私が実感したのはあくまで運動の効果を補助する役割ですので、そこだけはどうかどうか誤解なさらないよう。

どのタイミングでどのように飲めば自分にとって最大限の効果が得られるのか、日々データを取って分析・考察していくこと。

毎度繰り返しになってしまい恐縮ですが、自分の性格・環境・習慣を考慮した上で自分に最適化していくことが重要です。

ダイエットに成功した方法

【6ヶ月間で21kg減量】
72.6kg→51.6kgビフォーアフター写真

  1. 損得で行動すること(動機)
  2. 執着心を捨てること(食事)
  3. 全力投球しないこと(運動)
ABOUT ME
ヤナマリ(柳本マリエ)
ヤナマリ(柳本マリエ)
85年生まれ。6ヶ月間で21kgの減量をしました。メインブログは「ヤナマリチャンネル」 詳しい経歴はこちらにて。