私のこと

【2021年】買ってよかったものランキングBEST5

このブログは、2019年10月15日から2020年10月15日の1年間で30kgの減量をした経緯やその後の様子などを記録しています。

【1年間で-30kg達成】1年間のビフォーアフター写真と体重・体脂肪率推移1年間で30kgのダイエットに成功したヤナマリ(柳本マリエ)が、顔・体のビフォーアフター写真や体重・体脂肪率推移、食事・運動などすべて紹介します。...

2021年2月26日にKADOKAWAより著書『デブからの脱却』が発売されました(単行本版・電子版あり)

まだ11月なのに2021年を振り返ってみようと思います。年末になるとよく見かける「買ってよかったものランキング」を私も書いてみました。

残り1ヶ月半でランキングが覆ることはないと思うので大丈夫でしょう。

2021年買ってよかったものランキング【BEST5】

第5位:ネイルオイル

ちょっとこれは本当に衝撃を受けたので聞いてください。オイルを塗ったら自爪の強度が爆上がりしました。具体的な変化は下記。

  • 爪がマジで折れない
  • ジェルが剥がれない

私はジェルネイル歴15年ほど。長年のジェルネイルで自爪がだいぶ薄くなっているため、とにかく折れやすい(剥がれやすい)。

ヤナマリ

掃除などをしていると壁にぶつけてほぼ確実に折れる→折れた部分から剥がれる、という流れ

ところが、オイルを塗り始めたらいきなり翌月まで1本も折れることなく(剥がれることなく)ネイルサロンに行くことができました。こんなの何年ぶりだろう。

正直いままでは「オイル塗っても手洗ったら落ちちゃうじゃん」と思っていました。実際落ちているとは思います。しかしながら、オイルって浸透してるんですよ(たぶん)。

1日2~3回ほど(うち1回は寝る前に)ぺぺっと塗るだけで本当に効果を感じました。

私は爪の生え際にオイルを乗せて指で軽くなじませたあと、ハンドクリームを塗っています。オイルの浸透が想像以上に早くてベタつくこともありません。

ヤナマリ

いちいち塗るのは面倒だけど効果絶大だからやめられない!

オイルは1本300円前後で、私は1ヶ月に1本くらいのペースで消費しています。

第4位:ハンドドリップ器具一式

もともとコーヒーが大好きで毎日飲んでいました。どのコーヒーを飲んでもおいしく感じるため、特にこだわりなどもなくインスタントを適当に。ブレンディが多いかも。

ところが、家で豆を挽くハンドドリップの器具一式が3,000円ほどで揃うと友人から教えてもらったことをきっかけに導入してみたところ、これがめちゃくちゃおいしい。

私が買った器具一式は下記です。

  • コーヒーミル
  • ドリッパー
  • ペーパーフィルター

コーヒーミルが2,000円くらい、ドリッパーが500円くらい、ペーパーフィルターが150円くらいでした。もちろん品質やスペックにこだわると価格は変わってきます。※逆にもっと安いものもある

私は上記のような一式3,000円くらいのもので大満足。豆を挽くときの香りがたまりません。人気のミルはこのあたり↓かと。

 

淹れ方は下記(ざっくりね)。

  1. コーヒーミルで豆を挽く
  2. カップの上にドリッパーを乗せる
  3. ドリッパーにフィルターをセット
  4. 挽いた豆をフィルターに入れる
  5. お湯を注いでコーヒーを抽出する

「ハンドドリップを経験するとインスタントには戻れない」という声をよく聞きますが、正直どっちもおいしいです。

だったらインスタントでよいのでは?とも思うのですが、豆を挽いたときの香りが好きすぎて、もはや嗅ぎたいがために淹れているのかもしれません。

第3位:Obagiの酵素洗顔パウダー

毛穴の黒ずみやゴワつきを解消したいときは、皮脂やたんぱく質汚れを落とすために酵素(プロテアーゼやリパーゼ)が配合されている洗顔料を使っています。

酵素洗顔といえば必ず名前が出てくるObagiの酵素洗顔パウダーに私も手を出してしまいました。というのも、これまでsuisaiやFANCLの酵素洗顔を使ってもこれといって効果を感じることができなかったため。

ヤナマリ

商品の良し悪しというより自分の肌に合う合わないの違いかな~と

私の場合は、Obagiの酵素洗顔を使ってすぐパッケージにも書いてある「洗った瞬間つるり肌」を実感できました(自分比)。

泡立てて洗顔したあと、手についた泡を洗い流したら手の感触がもう違う。小鼻のザラつきもすぐに解消されました。5日間くらい使うと角栓が消えます(自分比)。

個包装なので1回分の量も迷わないところがよい。洗顔料の分量って地味に迷いません?

メイクのノリがよくなるため、現在は出かける日の前日などによく使っています。手だけだと泡立ちがあまりよくないので洗顔ネットを使ったほうが効果を感じやすいかも。

第2位:ETVOSのファンデ

私の知らないところでETVOSがファンデーションに革命を起こしてました。

ヤナマリ

言ってよ~!!!

私は昔からファンデは基本的にリキッド派。ところが最近はファンデを塗ると厚塗り感が出てしまい、「塗らないほうがマシなのでは?」というような現象が起きていました。

青グマもひどいので、コンシーラーを重ねるとさらに顔が浮いてしまいます。

そんなときに出会ったのが、ETVOSのミネラルファンデ(と下地)でした。どちらも筆でくるくる乗せるパウダータイプ。

ちょっと素人の私には意味がわからないのですが、下地もファンデもパウダーなのにしっとり仕上がるのはどうしてなのでしょうか。

なにより驚いたのは、カバー力に優れているためコンシーラーを使わなくなったこと。これは本当に大革命。下地の時点でもうめちゃくちゃ補正されます。どうなってるの?

ミネラルファンデはいままでノーマークだったので私の目は節穴でした。

第1位:マインクラフト

第1位はぶっちぎりで『マインクラフト』。サバイバル生活をしながらブロックを配置して建築などもたのしめるゲームです。

どうしていままでやってこなかったんだろうと考えてみると、ビジュアルのクセが強すぎるからかもしれません。

たしかにクセは強い。しかしながらこのクセの強さに反して、アイテムの種類はめちゃくちゃ繊細です。下記2つの茶色いブロック↓の違いってわかりますか?

左は「土」で、右は「根のついた土」です。

ヤナマリ

熱い!!!!!

だってこれマイクラの偉い人たちが集まって「よ~し、根が混じっている土を追加しよう」って実装されたわけでしょ。なにそのこだわり。熱すぎませんか。

また、ドアひとつでも使用する木材の種類によって見た目が異なります。

これらの木材の元となる木はそれぞれ生えているフィールドが違うため素材を集めるために広い世界(地球8個分の広さ)を冒険しながら集めていく、という感じ。

本格的に始めて丸3ヶ月ほど経過した現在、マイクラのおもしろいと思う部分は下記。

  • みんなで同じ世界に住める
  • 建築の自由度が高い
  • 素材の幅が広い
  • ワールドも広い
  • 敵が湧く緊張感

つい先日も、マイクラにおいてもっともレアと言われているキノコ島を見つけたばかり。さらにアプデも控えているとのこと。

マングローブの木や泥が追加されるそうで、今後も目が離せません。

いまからでも間に合う2021年のマストバイ

『デブからの脱却』

「今年そんなに買い物してないな」「なにか今年っぽいものを買いたいな」「文章と漫画で読めるダイエット本はないかな」

そんな人におすすめなのが、今年の2月に発売された私の本『デブからの脱却』です!

30kgダイエットに専門家のアドバイスが加わった1冊で、私自身が謎に思っていたことも解けました。私と同じような運動音痴な人への朗報もあります。

もう1回重版したいな~!

KADOKAWAより単行本版も電子版も発売中です。ご興味あればぜひ。

 

プロテインの10種レビュー(ランキング)はこちら。参考になればうれしいです。それではみなさまよいお年をお迎えくださいませ。

ABOUT ME
柳本マリエ(ヤナマリ)
1985年生まれ。柳本マリエを略してヤナマリと呼ばれています。1年間で30kgの減量をしました。KADOKAWAより著書『デブからの脱却』発売中。メインブログ「ヤナマリチャンネル」では主にR指定のエロい映画を真剣に解説しています。
柳本マリエの別ブログ
ヤナマリチャンネル
アベレージ8